幡ヶ谷フェリーチェ 

第二、四金曜日 10時が基本

幡ヶ谷混声合唱団 そよ風

月に1回 日曜日 13時半

認知症予防の専門家に予防法を伺いました

続きを読む

新年歌はじめ 声は表情一つで変わる✨

幡ヶ谷にある混声合唱の練習日でした。
練馬と自由が丘に通っていらっしゃる男性も加わりました

男声の人数を確保するのは、もう私が高校生の時から難しい事ですが
人数さえそろえれば、ハーモニーの響きも広がりますし、雰囲気も楽しいものになるので
少しづつでもよいので増やしていきたいところです

世間では、オミクロンで話題がもちきりのため、お休みの方も多いですが
距離をとって、マスクをして、換気にきをつけ、
つばの飛ぶ範囲(1メートル20センチ)で面と向かって飲食を行わなければ
症状がない者同士があつまっても感染は広がらないというのが、この2年での
世界中で知見が得られた合唱という分野です✨

ましてやワクチンも終え、オミクロンは重症化しにくいというのが、
先行して流行した南アフリカや世界中での経験もあります♪

この日は
春の曲
群青

雀庵の祈り

落葉松の練習を行いました。

春の曲は、発声

群青は男性パートの音取り
雀庵の祈りは、全体的な音取り
落葉松は、よりよく聞こえるためにのポイントを3か所ほど確認しました。

動画は、発声練習の模様です

ただ声を出すのではなく、ほんの少し顔の表情を気を付けるだけでも
力ある声にかわる様子がわかります✨


・・簡単解説・・

筋肉は繊細ですので、大きな筋肉を動かそうとすると、

なかなか上手くいきませんが、大きな筋肉は小さな筋肉に繋がっています

そこでウオーミングアップでは、大きな筋肉ではなくて

小さな筋肉を意識して声を出すと、ぱっと声がわかるのです♪

 


2022年も始まりました♪

この日は、メンバーのご家族が営むお店から タイ焼きの差し入れがありました

 

続きを読む

幡ヶ谷 混声合唱団 そよ風

日曜日、幡ヶ谷で活動を行う混声合唱の「そよ風」の練習がありました。

詳細な歴史は分かりませんが、電電公社の社内合唱団を母体として

家族や、お友達や、地域の方を招き入れつつ活動を続けてこられたそうです。

電電公社は、1985年に解散してNTTへと組織改変された会社です。

コロナが始まって以来、久しぶりの練習となったそうですが、

指導をされていた大胡先生が9月に亡くなられたという事で、指導をお引き受けする事になりました。WIKIにはありませんでしたが、本の出版などをされていたそうでHMVにプロフィールがありました。

 

大胡敏夫さん

1934年(昭和9年)東京・本所吾妻橋生まれ。1950年電気通信省(NTTの前身)入社。職場や地域で合唱サークルの指導や演劇サークルの音楽を担当する。ロシアの民謡や合唱曲を歌う合唱団「白樺」に団員・訳詞者として一時在籍、現在もOBとして関わる。1995年NTT定年退職。以後、ロシアの民謡やロマンスに取り組む。日本ユーラシア協会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

お話を伺うと、フェリーチェの幡ヶ谷に参加している方、

電電公社時代からの方や、そのお友達や、ご家族、

兄貴が電電公社だったんだけど、誘われて、いつの間にか兄貴が天国へいって

俺だけ残った~など、地域の合唱サークルとして活動されてきたようです♬

幡ヶ谷には、以前から第二、四金曜日の午前中基本として合唱練習をするフェリーチェもありますが、長年やられて来たグループですし、先生が変われば練習の雰囲気は当然変わってしまうので、少しづつ色々共に楽しめる様になると良いと思います♪

久振りの再開という事と、練習会場がいつもと違ったため、男性は一人しかいませんでしたが、

音程はばっちりで、なんでもアコーディオンを若い時から弾いていて、歌声喫茶などでも弾いていたのだとか、何十人!とはいわないので、もう何人か新しい男性のお仲間が増えると楽しそうです。

月に一回 日曜日 午後の活動です♪

次回は、1月9日

下記の動画は、昨日の練習模様よりです

・朧月夜

・津軽のふるさと

・落葉松

・群青

続きを読む

一緒に歌おう!11月の各グループの活動から発声時間の模様

続きを読む

いのちの歌を思い出します♪

続きを読む

10月の歌!(画像はハロウインです)

続きを読む

幡ヶ谷から明治神宮までを散歩

続きを読む

幡ヶ谷と大泉学園合同の「愛をあげよう」

続きを読む

カンロ&全日本合唱連盟から ボイスケアノドアメをいただきました

続きを読む

渋谷区は幡ヶ谷で合唱活動

近頃、声を出していない!ボイトレでも通おうか?にちょうどいい
合唱活動です

渋谷区でも幡ヶ谷にて練習しています。

 

月に2回(第二、四金曜日が基本練習日)

朝10時からの1時間30~50分程度の練習です。

 

合唱を楽しむ中、クラシック音楽にも興味を持つかもしれない?
そんな活動です

 

 

童謡、唱歌、演歌、古い流行歌を斉唱で歌うだけではなく、時々で人気の合唱曲を、時間をかけて重唱で練習します。


音楽での体験は、何歳でも楽しい!

 意欲や心と体の健康、鬱傾向の改善、認知症予防、etc

  平日の日中にできて、1番いい趣味は何かある?

        それはもちろん歌う事!!一緒に歌いましょう

 

 

 

藤田先生

声楽家の藤田先生


まだ26歳の藤田先生は、

藤原歌劇団に所属し、一昨年までは高校で教鞭をとられていました。


今日初めて、
合唱部の指導をお願いしました。


とっても素敵な声で、一緒に歌ってるだけでうまくなる気がする!の声や、終了後はいつもよりも話し声が賑やかになったり、元気な先生です。